人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はじめての2人スキー

長男と2人だけではじめてスキーに行ってきました。
次男が生まれた関係で私も息子も3年ぶりのスキーになります。
前回連れてった時は5歳。あまりにも時間が経ってしまったのでまた1から教えなおしになると覚悟して行ったのですが、体は忘れていなかったのか、それともセンスがあるのかわかりませんが、難なくボーゲンで止まる&曲がるは、すぐにできるようになりました。以前まで使っていたボーゲン補助具を外しても、そこそこ滑れました。
ここまでできると欲が出てしまい、さらにステップアップするべくあれこれ教えようとしたのですが、簡単なことであっても、口とジェスチャーだけでは、なかなか本人に伝わりませんでした。普段のスキルアップ時と同様、スキーであっても視覚的にわかりやすくする工夫が欠かせないと感じました。
あと印象的だったのは、前回はスピードが出すぎても注意されるまで決してスピードを抑えようとしなかったのですが、この3年で恐怖心(?)が育ったようで言われなくてもスピードが出過ぎないよう自制できるようになりました。

それから、スキー場に行くためには、まだ暗いうちに起床して3~4時間のドライブに耐える必要があります。息子は特に眠っている時にパニックを起こしやすいので、大好きな母親のいない状況の中、不安があったのでが、事前にスキーに行く計画をよく説明しておいたのと、カーナビに表示される目的地までの距離と到着予定時刻が安心材料になったようで、車内で取り乱すこともなく無事に到着することができました。

最近の我が家は1歳の次男にばかり手を焼いており、長男への関心が薄れ気味でしたが、今回のように2人で外出し、強制的に長時間2人だけで過ごす状況を作ってみると、最近あまり気にならなかった息子の行動や考えが感じやすくなると思いました。また、2人だけのプチ旅行のおかげで信頼関係も深まった気がします。教えるばかりなので疲れますが、行って良かったと思いました。せっかく上達したので、忘れないうちにまた連れていきたいと思います。
# by orecite | 2013-01-30 19:07 | スキー | Comments(4)

どんどん普通になってく…

ひさびさの更新です。

息子は、丁寧すぎる言葉遣いをしたり、複雑な人間関係などは、まだまだ理解できませんが、本当に
普通の少年っぽくなってきたなーと日々、感じています。

たとえば、最近、以下のような会話をしました。

息子が同時番組録画をしようとしていた時のこと・・・

 私:「同時には2番組までしか予約できないよ」
 息子:「え?できるよ~」
 私:「いや、できないよ」
 息子:「できるよ~。BSならできるよ、ほら…」
    …と、BSで自分で何番組も連続録画予約(同時録画予約ではない)した番組表を開いて見せる。
 私:「同じ時間でなければ、いくつだって予約できるけど、同じ時間に一度に3番組は録画できないんだよ」
 息子:(すこし納得したようで、沈黙)

息子がお風呂でワガママ言って叱った時のこと・・・・

 息子:「邪魔なんだよー!」
 私:「そんなこと言うなら、お風呂から出なさい」
 息子:「邪魔だって言ってんの!」
 私:「だから、嫌なら出ろよ!!」

 (少し考えて息子が半べそかきながら妻に…)

 息子:「僕、もう明日は、この家にはいないから」
 妻:「どうして?」
 息子:「僕、結婚して、いなくなるから」

それから、息子が今、「文字化ける」というスーパーに売っている食玩にハマっていて、一人でスーパーまで買いに行くようになりました。で、この玩具には、時々、金のレアパーツというオマケ部品が入っているのですが、レアパーツが入っていると、当然、箱の中の隙間が狭くなり、振った時の音が明らかに違うのですが、息子が自力でこのことに気づき、かなりの高確率で、金のレアパーツ入りの当たりを買えるようになりました。一人で買い物に出かけられるようになっただけでも驚きですが、当たりと外れを見分けるアイディアが浮かぶとは、かなりびっくりしました。
# by orecite | 2012-10-02 02:04 | 自閉症 | Comments(5)

学校生活での問題など

息子はベネッセのチャレンジ○年生で事前に学習し、読み書きも問題なくできるので授業にはついていけているようですが、学習以外の生活面では色々と問題が残っています。例えば、忘れ物が半端なく多いです。筆箱、スプーンセット、うわばき、連絡プリントなどを学校に忘れ、週に数回は学校へ取りに戻ります。先生から口頭で言われたことを親に伝えたり、言われたことを自覚して家で自ら行う…ということも、ほとんど無理なようです。宿題や次の日に持ってくるものは先生が黒板に書いてくれ、それをノートに書き写してくるので妻がサポートできていますが…。

それから、放課後や休みの日、友達と遊ぶ…ということも、できていません。毎日、寄り道せずに真っ直ぐ家に帰ってきますし、友達を家に呼んだり、友達の家に遊びに行く…ということも1度もありません。ま、今のところ、それが出来なくても全く困ることはないのですが、小学校高学年ぐらいになったら、友達と学校以外でも自ら遊んでくれるようになれば良いな…と思っています。

話は変わりますが、先日、けっこう混雑する広めの公園に行ってきました。息子が遊具で夢中になって遊んでいたので、「パパ達はあっちでお花見てくるからね。」と言って息子を遊具に残してきたのですが、その20分後ぐらいに息子が1人で私達を探しにきて、見事、私達を見つけることができました。息子はパニックになることも泣くこともなく、冷静に私達のことを探すことができました。すごく成長したと感じました。
# by orecite | 2012-05-02 11:40 | 自閉症 | Comments(4)

子供のいる生活に感謝

自分が子供の頃、なぜ、好き勝手やってるだけのわがままな自分と兄のために、親はいつも一生懸命やってくれてるのか、正直、疑問でした。でも、ま、親ってそういうものなんだろう…と、無理やり納得していました。

で、今、自分が親になり、家に帰ると、笑顔で玄関に息子が飛んできて迎えてくれます。それがとても可愛く、とても有難いと感じています。また、夜、寝る時も、必ず横にいてくれることも幸せなことだと感じています。子供の可愛さと価値は、やっぱり親にならないと分からないというのは真実だと感じる今日この頃です。

…で、帰宅時に息子が玄関で話してくれることは、その時、その日に1番関心のあることです。昔は訳の分からないことを言うことが多かったのですが、最近は、まともなことを話すようになりました。たとえば、先日、以下のような会話をしました。

息子 : おかえり~
私 : ただいま
息子 : うんとね、**先生(幼稚園でお世話になった先生)が、いなくなっちゃうんだよ。他の幼稚園に行っちゃうんだって。
私 : へーそうなんだ。でも、なんで、そのこと知ってるの?
息子 : ・・・・

以前は、ここで会話が終了していました。
ところが、今回は、息子が妻の所に走っていって…

息子 : ママ、**先生がいなくなっちゃうの、どうして知ってるの?
妻 : 連絡網で、他のママから電話があって聞いたんだよ。

・・・って感じで、今回は息子が私の疑問を妻に引き継いでくれたりして、進歩が見られて感心しました。
# by orecite | 2012-04-01 01:11 | 自閉症 | Comments(4)

はじめての通信簿

息子の小学校は2学期制っていうか、今はどこも2学期制なんでしょうか…。ま、それはよしとして夏休み前後あたりに通信簿(通知表)をもらってきました。それから大分時間が経っていますが、その時のことを書きます。

通信簿は3段階評価(◎○△の3段階)で、当然、支援クラスに通級している息子は△ばかりだろう…と覚悟していました。ところが△は1つもなく、ほとんどが○。わずかに◎も入っているという意外な内容でした。どういう基準でつけているのか分からないのですが、障害のある息子が、ここまで評価してもらえたということは、これが仮に大甘な基準であったとしても喜んで良いものだと思い、素直に喜びました。

で、その数ヶ月後、担任と妻の面談がありました。友達とも仲良くできているし、概ね通常クラスのみでついてこれているとのことでした。…ならば、当然、2年生からは支援クラスの在籍を辞められる?という欲が沸いてきますが、担任曰く、2年生になると内容が難しくなってくるので、来年こそ支援クラス通級にしておいた方が安心だと強く勧められた…とのことでした。

普段、普通クラスで勉強していても、支援クラス在籍というだけで先生方から手厚いサポートが受けられます。無用の問題を減らし、少しでも学習環境を良くするべきなので、やはり来年も、支援クラス在籍は継続しようと思っています。
# by orecite | 2012-02-29 23:47 | 学校・幼稚園 | Comments(2)